学シェアは学生の暮らしをもっと楽しくするライフスタイルウェブマガジンです

 
住む

本気で大学生活を充実させたい学生が集まる学生寮「チェルシーハウス」2014年春、国分寺にOPEN!

新たな学生の住まいが、来年春、東京都国分寺に誕生します。

学シェアを運営するネストレストと教育系NPOのNEWVERYが手がける“本気で大学生活を充実させたい学生が集まる学生寮”「チェルシーハウス」

・やりたいことに没頭したい
・悶々としている今の大学生活をもっと充実させたい
・就活が不安でキャリアが描けない
・大学内の友達とバイト以外にあまり友達がいない。真剣な話ができる相手がいない。

そんな学生にとって、住みながらさまざまな経験ができる学生寮です。
ただ一緒に住んでいるだけでは、コミュニティは生まれませんが、ここ「チェルシーハウス」ではコミュニケーションのきっかけやコミュニティを作り、一生の仲間ができる場所を目指しています。まさに人と人の距離が近い住まいの形です。

2013y11m13d_203547512

 

以下、プレスリリースより抜粋

≪チェルシーハウスのきっかけ≫
2009年から大学の教育力向上を支援してきたNEWVERYでは、大学生のポテンシャルはもっと高いはずなのに十分にそれが引き出されていないと感じていました。研究教育は大学だが、人間教育は学生寮が担うべきだとも考えていました。学生寮の仲介・斡旋事業を長年手掛けてきた㈱ネストレストでは、近年の経済合理性を重視した学生寮のあり方に疑問を感じていました。2つの団体・企業が出会い、「学生の成長」を第一に考えた学生寮・チェルシーハウスを立ち上げようと考えました。

≪チェルシーハウスとは?≫
チェルシーハウスは、本気で大学生活を充実させたい学生が集まる学生寮です。共同生活を通じてお互いに刺激を与え合うこと、各分野の最前線で活躍する社会人がメンターになること、同じ建物内に併設するゲストルームに全国から意欲的な学生が集い寮生との親交を深めること、といった特徴があります。卒業式の朝、「大学4年間でこんなに成長するとは思わなかった」と寮生が感じられることが目的です。

「チェルシーハウス」という名称は、かつてニューヨーク・マンハッタンで著名な芸術家や音楽家、作家が好んで滞在した「チェルシーホテル」から借用しています。チェルシーホテルのように、若者たちの精神的な試行錯誤や交流を見守る場にしたいと願ってネーミングしました。

チェルシーハウス国分寺の詳細は以下の通りです。

≪チェルシーハウス国分寺の概要(2014年3月OPEN)≫
所在地:  東京都小平市上水本町5−4−5(大手民間企業の元社員寮をリノベーションします)
対象:    大学生・大学院生(全学年対象)
定員:          56名(男28/女28)
家賃:          月々32,000円+管理費14,700円(予定)※管理費には、ガス・水道・電気・インターネット通信料を含みます
初期費用: 入寮金30,000円(1年毎)、保証金30,000円(初回契約時のみ)
入寮方法: まずは今年12月から開催される説明会に参加していただくことになります。その後、入居希望書の提出、面接を経て、
入居の可否が決定します。

12月より説明会、内覧会を開催し面接を経て入居者を決定していきます。
今後の情報はチェルシーハウスのFacebook、Twitter、メールマガジンで発信していきますので、気になる方は下記URLの最後のページにあるアイコンよりご登録ください。
より詳しい情報が欲しいという方はメールアドレス登録を。
ちょっと気になるという方はSNSを。
http://chelseahouse.org/

よろしくお願いします。

Facebookページ:https://www.facebook.com/housechelsea
Twitter        :https://twitter.com/_chelseahouse cheap hotels .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>