学シェアは学生の暮らしをもっと楽しくするライフスタイルウェブマガジンです

 
遊ぶ

楽しい未来を描くためにつながろう!新しいフェスのスタイル「Great Luck Festival ‘13」開催

Great Luck Festival ‘13

野外フェスといえば、何を思い浮かべますか?
お酒を飲みながらステージから鳴り響く好きな音楽に身をゆだね、時には最前列で盛り上がる。ショッピングエリアで買い物や外で食べるご飯を楽しみ、夜はキャンプ。
自然の中、都心部でのフェスなどさまざまなスタイルがあり楽しみ方がありますよね。

くるりの出身地でもあり、京都音楽博覧会や京都大作戦など数多くのフェスも開催されている京都の南丹市で記念すべき第一回目の開催となるのが「Great Luck Festival ‘13」です。

fbカバー

人は新しい出逢いを得るだけで幸せを感じる生き物

テーマはつながりを生む。ミュージシャンはもちろん、販売ブース、飲食ブース、路上を舞台に活躍するアーティスト、そしてフェスの参加者が、流れる音楽、紡ぎ出される言葉などを通して出逢いを演出し、楽しい未来を想像するためにこのフェスを通してつながろうというものです。

人は新しい出逢いを得ると幸せを感じる生き物らしく、フェスで音楽やお酒を一緒に来た仲間と楽しむだけじゃなく、新しい出逢いを楽しんで幸せな人生を歩むキッカケを作りたいという想いも込められています。

自然や音楽を1番のテーマとしない、フェスを通して人と人の幸せを作るまったく新しいフェスのスタイルを確立しようとしています。

 

京都のロックバンドGreen World

Great Luck Festival ‘13の主催者でもあり、参加アーティストでもあるGreen Worldにインタビューをしました。

質問:Great Luck Festivalのテーマがつながりを生むということですが

ライブハウスでイベントをやっていたときやストリートライブで全国に行った時、一人旅をしている時に、音楽、アート、言葉など表現方法やスタイルは違うけど、たくさんの社会をハッピーにしようと動いている人たちと出逢ったんですが、そこで、自分たちも何か動かないとと思ったときに、この人たちと一緒にさらに多くの人を巻き込んで野外でフェスをやりたいと思い始めました。

こうやっていろいろな人とつながったからこそ、そしてつながりがあるからこそ幸せな未来を想像できると思い、テーマをつながりを生むにしました。
人だけじゃなくて、モノ、コト、価値観との素敵なご縁が生まれるようなフェスにしたいと考えています。

アーティストを含めた参加者とのつながりもそうですが、もちろん音楽やライブも素敵なアーティストばかりなので、こちらも期待してくださいね!

greenworkd .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です